スポーツ医師が教える運動神経を30秒で鍛える方法

スポーツ医師が教える運動神経を30秒で鍛える方法

・どうしたら才能あふれるライバルに勝てるか?
・どうすれば運動神経をよくできるのか?
・そもそも運動神経って何なのか?

「その疑問にスポーツドクターがお答えします!!」

こんな悩みを持っていませんか?

運動神経がない僕はスポーツはうまくならないの?

そもそも運動神経って何?

運動神経って鍛えられるの?

どうやれば○○(あなたのやっている、指導しているスポーツ)がうまくなるの?

運動神経がない人は努力してもダメなの?

頑張りすぎるとケガするんでしょ?

ケガしたらクセになっちゃうんでしょ?

身体が小さい僕は大きい選手には勝てない?

いつも本番になると緊張してしまうんだけど、どうすればいい?

プレッシャーに強くなるにはどうしたらいい?

最後まで集中がもたせるにはどうしたらいい?

スランプから脱するには?

いくら頑張ってもレギュラーになれない原因は?

頑張りたくても頑張れないのはどうして?

イメージトレーニングって意味あるの?

どうしたら感情をコントロールできるの?

ツラい練習はやりたくないんだけど、うまくもなりたい。これってわがまま?

才能がない僕でもプロになれる?

プロになろうとは思ってないから、適当に楽しくやればいいよね?

スポーツをやって将来役に立つの?

スポーツで夢を叶えられるの?

 

最新のスポーツ医学と認知科学・脳科学を駆使した
究極のスポーツ上達法・夢実現法で、
才能なんて陳腐な言い訳は見えなくなります。

 

最先端のスポーツ医学と脳科学の融合はスポーツ界を激変させる・・・

「スポーツ医師が教える運動神経を30秒で鍛える方法」を無料請求する。
(お名前とメールアドレスの登録だけで、すぐに動画を見ることができます)
※当セミナーはメインコミュニティである「変わる快感クラブ」内で公開しているコンテンツの1つですので、
こちらを請求頂いた方は「変わる快感クラブ」に参加頂く形になります.
もちろんいつでも登録解除できますのでご安心下さい.

 

 

整形外科医 : 歌島 大輔 (Utashima Daisuke)
プロフィール

御多分に漏れず、幼少期にプロ野球選手を目指す。
ただし、野球の指導書を読みあさる、頭でっかちな野球少年であった。高校は野球の名門校 常総学院高校に入学。
しかし、スポーツクラスではないため、野球部には入部すらできず、大きな挫折感を味わう。その悔しさをバネに、現役で国立大学医学部に合格。
密かに行っていた自主トレーニングの成果で、
140km/hを超える速球を投げられるようになる。医学部では野球部に所属し、思う存分野球に打ち込むも、
ケガのオンパレードで思うような活躍ができず、
(とは言っても、1年目からクリーンアップを任され、2年目以降は常に4番バッターとして活躍)
より障害予防、パフォーマンスアップを目指すスポーツ医学を学ぶようになる。医師となり整形外科医として偉大な先輩医師に多くの学びを受けながら成長。
肩関節鏡手術を中心に一般外傷手術に明け暮れる毎日の中で、
スポーツ医学に対する学びを深め、運動器に対する臨場感の高い感覚を研ぎすましている。
少年野球チームのチームドクター、メディカルチェック、
アメリカンフットボールのチームドクターとしても活動。1981年5月7日生まれ
生まれは広島県福山市
実家は茨城県つくば市
山形大学医学部卒
整形外科専門医
Sports Medical Coach 代表

文献報告/学会発表

・複数の大学アメリカンフットボールチームにおける傷害調査報告―第1報―
日本整形外科スポーツ医学会雑誌 巻:33 号:3 ページ:316-320 2013年
・肩関節部に発生した滑膜性骨軟骨腫症
JOSKAS 巻:38 号:4 ページ:435 2013年
・足部に発生した滑膜性軟骨腫症の1例
整形外科 巻:63 号:2 ページ:142-145 2012年
・坐骨神経に発生した神経内ガングリオンの1例
整形外科 巻:62 号:5 ページ:442-445 2011年
・足趾末節骨に発生した軟骨肉腫の1例
整形外科 巻:62 号:10 ページ:1105-1108 2011年
・手関節に発生した滑膜性骨軟骨腫症の1例
関東整形災害外科学会雑誌 巻:42 ページ:137 2011年
・関節外に進展した滑膜性骨軟骨腫症の1例
関東整形災害外科学会雑誌 巻:42 号:3 ページ:199 2011年
・野球選手に発生した肩甲骨関節窩離断性骨軟骨炎に対して関節鏡視下骨釘移植術を行った1例
Osteochondritis Dissecans of the Glenoid in a Baseball Player Treated by Bone-peg Grafting. case Report
臨床整形外科 巻:45 号:8 ページ:749-753 2010年

 

Sports Medical Coach【スポーツメディカルコーチ】 紹介ムービー

運動神経なんてないんです…でも、あるんです!

こんにちは、Sports Medical Coach代表 歌島大輔です。
私は整形外科医師として日々、骨折、関節障害、筋肉、神経の障害を手術、治療する傍ら、
スポーツのパフォーマンスアップを視野にスポーツ医学を追求しています。

さて、あなたが運動神経という言葉を使う時はどういう場面ですか?

「あいつ、運動神経悪いなぁ…」

テレビ朝日 アメトークより)
運動神経悪い芸人なんていうのもかなり話題になりましたね。
さすがにあれはないだろうと思いましたが(笑)

だいたいは他人を笑うとき…(芸人さんはオイシイからいいんです。でも友達を笑うのはやめましょう。)
もしくは、
「僕は運動神経が悪いから…」
というような

言い訳…

かくいう私も、運動神経はいい方ではなく、
体育でバスケをやってはゴール下を外し、バレーボールでレシーブしようとしたら腕の間にボールが挟まり、キャッチしてしまう。
水泳も水が怖くて泳げません…

ですから、よくわかります。
運動神経とは都合のいい言い訳でもあり、でも、スポーツがうまくなりたい人にとっては悩みの種、永遠のテーマ。

ごくごく簡単に医学的な話をしましょう。
運動神経:motor nerve
それが意味するのは筋肉の収縮を支配する神経全てです。あらゆる場所にあります。
しかし、運動神経が悪いと言われる人は、これが悪いわけではありません。
この本物のいわゆる物質的な運動神経が悪い人は、神経麻痺を起こしてしまい、力が入りません。ツラい病気です。

そういう意味で、直接的にあの芸人さん達のような動きの原因となる運動神経なんて神経はないんですね。
それはかなり周知の事実になってきてます。

それでも、あなたの中でも、あなたの周りでも、
運動神経って…あるようなぁ。って思いますよね.
私も思います.

運動神経を鍛えるなんてできない?

そこで、運動神経を定義し直してみましょう。

詳しくは無料動画にてご説明してありますが、
運動神経とはあらゆるスポーツに必要な要素の複合的なものだと言えます。

運動神経なんてもんは物理的にはないんですが、
情報としては存在するんです.
そして、存在する以上、それを鍛えることはできます。
難易度は様々ですが、存在する以上鍛えられます。
それも情報としての存在である以上、物理的なボトルネックが外れているため、
一気に鍛えられる可能性があります。それゆえ、30秒です!(笑)

情報としての運動神経とは何でしょうか?

理想の動きを鮮明にイメージする:ヴィジュアライゼーション能力

自らの動きを把握する:自己認知能力

理想の動きを獲得する:学習能力

動きの素:筋力、柔軟性、バネ

そして全てを実現する:自信

これらを個別に、もしくは統括的に鍛えることこそ、
運動神経を鍛えることになる。

その方法論は多種多様、いわば無限にあります.

その中でもパワフルな方法をお伝えします。

それでは、まず、この
「スポーツ医師が教える運動神経を30秒で鍛える方法」
を完全無料配信いたしますので、是非ご覧になってください。

「スポーツ医師が教える運動神経を30秒で鍛える方法」を無料請求する。
(お名前とメールアドレスの登録だけで、すぐに動画を見ることができます)
※当セミナーはメインコミュニティである「変わる快感クラブ」内で公開しているコンテンツの1つですので、
こちらを請求頂いた方は「変わる快感クラブ」に参加頂く形になります.
もちろんいつでも登録解除できますのでご安心下さい.

 

 

なぜ無料?

なぜ無料なのか?
これだけのインパクトのある方法なのに!です。

いくつか理由がありますが、もっともシンプルな理由は
スポーツのもつ本当の力を多くの人に知ってほしいからです。
我々の伝えたいことの大きな1つに、この「スポーツの力」があります。
そして、「スポーツの力を舐めるな!」というキャッチフレーズを打ち出しています.

この方法を使って運動神経を徹底的に鍛え、
そして、冒頭でも示した、あなたやあなたの周りの選手が抱いているこれらの疑問点、不安

運動神経がない僕はスポーツはうまくならないの?

そもそも運動神経って何?

運動神経って鍛えられるの?

どうやれば○○(あなたのやっている、指導しているスポーツ)がうまくなるの?

運動神経がない人は努力してもダメなの?

頑張りすぎるとケガするんでしょ?

ケガしたらクセになっちゃうんでしょ?

身体が小さい僕は大きい選手には勝てない?

いつも本番になると緊張してしまうんだけど、どうすればいい?

プレッシャーに強くなるにはどうしたらいい?

イメージトレーニングって意味あるの?

どうしたら感情をコントロールできるの?

ツラい練習はやりたくないんだけど、うまくもなりたい。これってわがまま?

才能がない僕でもプロになれる?

プロになろうとは思ってないから、適当に楽しくやればいいよね?

スポーツをやって将来役に立つの?

スポーツで夢を叶えられるの?

これら全てに答えるべく、
最高の教材と最高のサポートをお届けしていきます。

そして、その結果、スポーツの力を舐めるな
ということの意味がわかり、
あなたがスポーツをする意味がガラリと変わります。

スポーツを通して人生が激変します。
それが、本当のスポーツの力です。
そのスポーツの力をあなたが体現する。
そのお手伝いをしていきたいのです。

きれいごと並べられてもとおっしゃる方もいらっしゃると思うので、
単刀直入に話しますが、

これは慈善事業ではありません。
もっと多くの方に、もっともっとインパクトのある、パワーのある情報、教材、マンツーマンサポートをお届けするために、
この無料動画を請求いただいた方には、今後様々なご提案をしていきます。
しかし、同時に多くの無料での情報提供を全力であなたにしていくつもりです。

もちろん、無料の情報もその他案内もいらないという場合は、
我々からのメールを1クリックで解除していただければ大丈夫です。

お名前とメールアドレスを登録するだけで、今すぐに映像を見ることができます。
文字通り、リスクはゼロです。

ぜひ、動画のなかでお会いしましょう。

「スポーツ医師が教える運動神経を30秒で鍛える方法」を無料請求する。
(お名前とメールアドレスの登録だけで、すぐに動画を見ることができます)
※当セミナーはメインコミュニティである「変わる快感クラブ」内で公開しているコンテンツの1つですので、
こちらを請求頂いた方は「変わる快感クラブ」に参加頂く形になります.
もちろんいつでも登録解除できますのでご安心下さい.

Copyright© 2017 スポーツ医師が教える運動神経を30秒で鍛える方法. All rights reserved.